美容整形の付き合い方

診療項目

わきが・多汗症の基本対策は

■わきが・多汗症の基本的な対策はどうするか
臭いに敏感な社会となりました。
とはいえ腐った食べ物は鑑別できない?
何のための嗅覚か?
不思議に思うこともあります。
これも一種の進化型なのでしょう。
そういう意味でも深刻な問題として?
若者で多いのがわきが・多汗症です。
本人が思い込んでしまう事例がほとんどのようですが、基本的な対策はどうすれば良いのでしょうか。

◆わきがとは
わきがは、男女を問わず珍しくありません。
わき汗の臭いがきつい!
これが基本的なわきがの症状です。
原因はアポクリン腺分泌物を元に常在微生物が繁殖して悪臭物質を作ることです。
そのため治療法も、美容整形外科におけるアポクリン腺の除去術があります。
これで原則としてわきがは完治します。
めでたしめでたしです。

◆多汗症とは
文字通り、汗がたくさん出てしまう症状です。
とはいえ病気なのか?
多汗症の原因としてストレスがあるようです。
また緊張すると手に汗が出る!
これも多汗症です。
汗を気にしてしまい、それがストレスになって、さらに汗が出る!
時にわきがと思い込む?
悪循環も少なくありません。
もちろん内臓疾患が原因になるケースもあります。
しかしほとんどがストレスに起因すると指摘されています。
そのため意識しない!
開き直る?
リラックスするのが現状においては唯一現実的な対処法です。

◆美容整形クリニックでの治療
わきが・多汗症、両者は共に思春期で現れやすいようです。
もちろん異性を意識しすぎて緊張することもあるのでしょう。
とはいえわきが・多汗症ともに自意識過剰?
それも事実のようです。
なお美容整形クリニックへ行けば、わきが・多汗症の治療をしてくれます。
手術としては簡単です。
しかし本当にわきが・多汗症なのか?
美容整形医でも、それを診断するところから始まります。
そういう意味では、安易な手術はしません。
場合によっては心療内科の方が効果的なケースもあります。
手術如何は別として、まずは専門家に相談してみましょう。
ただし未成年であれば、保護者の承諾が必要です。

◆生活習慣を正しましょう
わきが・多汗症がストレスに起因しているなら?
日々の生活習慣を正しましょう。
もちろん勉強に恋愛?
友人関係や家族の不和など問題は多いでしょう。
偏食が原因のケースもあります。
しかし上手くストレスを発散しましょう。
運動不足が影響していることもあります。
美容整形はあくまでも最後の手段です。
20歳前にメスを使うのは?
あまりお奨めではありません。
美容整形医でも、極力避けたいと考えています。
そういう意味では、周りの大人たちが諭してあげましょう。
悲劇は防げます。

HOMEへ