美容整形の付き合い方

マメ知識

整形手術の一週間後でも痛い

整形手術は痛い!
手術であれば当然です。
もちろん麻酔を使うため、整形手術中に痛い!
感じることは稀でしょう。
しかし術後、麻酔が切れるにしたがい、徐々にジンジンと痛みが現れる?
医者に言っても、時間が経てば治まります!
そして鎮痛剤が処方されます。
この薬代も、整形費用の一部です。

なお一週間経っても痛い?
どこかに問題があります。
アフターケアが悪かった?
まず自問しましょう。
初めのカウンセリングで指摘された事項を遵守したか?
それで間違っていない!となれば?
整形手術を受けたお医者さんに相談しましょう。

当たり前ですが、医者は医療ミスを認めません。
患者さんに原因がある?
体質の差!
人それぞれ条件は異なります!
逃げられて終りです。
納得できなければセカンドオピニオン!
結果的にお金はかかりますが、痛い状態から解放されるのであれば?
素直に回復手術をお願いしましょう。

さらに悪化した?
可能性がゼロではありません。
言い換えるなら、整形を始める前には?
そういうリスクをすべて受け入れることが大切です。
やった後に、こんなはずでは?
心も痛い!
正しく後悔先に立たず!です。

自分は痛みに強いのか?
ケロイド体質か?
事前のチェックが不可欠です。

HOMEへ