美容整形の付き合い方

マメ知識

整形は結婚詐欺に該当するか

美人と結婚できたら嬉しいものですが、整形していた?
結婚後にわかったなら詐欺罪に該当するのか?

法律的に考えると、直接個人の財産を侵害したわけではない?
そのため詐欺罪に問うことは難しいようです。
言い換えるなら男の人も顔目当てで結婚した?
この目的は叶っているからです。

そうであれば整形術は結婚するための戦略になる!
高いお金を払って整形した価値がある!とのことでしょう。
逆に整形術を見破れなかった?
そこに敗因があります。

もちろん整形した本人は、相応のメンテナンスをすれば?
美しさを保つことができます。
しかし遺伝子は正直です。
子供の顔はどうなるか?
想像におまかせします。
お母さんに似てないね?
近所の人に言われないように注意したいものです。
そもそも子供から詐欺!と訴えられないようにしましょう。

詐欺罪は案外複雑なものです。
単に騙された?
それでは詐欺罪は成立しません。
とはいえ結婚するためにお金を貢いだ!
だから財産が移動した?
領収書をすべて集めておく必要があるでしょう。

結婚は一時的な感情でしてはいけません。
厳しいようですが、病気はないか?
ブライダルチェック!
明らかにしておくことが後々の無用なトラブルを防いでくれます。

HOMEへ