美容整形の付き合い方

マメ知識

顎の整形で失敗するパターン

男女を問わず、顎にコンプレックスを抱える人は多いでしょう。
東洋系は顎が張っている?
かつて典型的な韓国人!
しかし昨今の韓流アイドルは顎がシャープ?
韓国は整形大国とも言われますが、その影響か?
韓流ブームのきっかけでもあるようです。

一方日本でも顎を整形するケースが多々見られます。
極端ではなくても、何となく下顎が出ている?
噛み合わせは消化不良のみならず腰痛や肩こり、頭痛!
様々なトラブルの元になるため、整形?
ではなく矯正に努めたいものです。

とはいえ顎の整形で失敗する事例も少なくないようです。
そもそも整形には種類がありますが、顎の失敗で目立つのは骨を削り過ぎ!
左右不均衡になってしまう?
また左右ずれてしまう失敗例も稀ではありません。

機械的にやろうとしても、人は食べる際に右ばかり使う?
逆もあります。
そんな癖から、鏡で見ると?
整形していなくても口が曲がっている!
それがほとんどです。
この状態を意識せずに整形に挑むと?
失敗は否めません。

もちろん技術的な失敗であれば医療ミス!
ただしそれを証明するのは難しい?
アレルギー体質や当人のアフターケアに問題があるパターンもあります。
顎の整形に挑むなら万全の体制を整えましょう。

HOMEへ